おわかさんの話。


おわかさんとは、僕の祖母のあだ名である。
ずーっと若々しくて。だからおわかさんと呼びはじめたのだと記憶している。

身長は低いけれど、背筋がピンと伸びていて、とても優しいけれど、凛としていて。とっても素敵なおわかさん。

そんなおわかさんが突然この世を去った。

数日前に姉の結婚式で会ったときにはピンピンしていたのに。

久々に会えてよかった。

子供の頃から続けてきたマジックを見せることができてよかった。

10歳のときにマジックにハマりだして、お小遣いのほとんどはマジック道具に費やしていた。

群馬県伊勢崎市の小さなおもちゃ屋さんで、おわかさんにマジック道具を買ってもらったことがある。踊るハンカチーフ、卵になるハンカチーフ等を買ってもらったことをよく覚えている。

新しく覚えたマジックをよく見せていた。そして子供の雑なマジックに対して「こうした方がいいね」と優しくフィードバックをしてくれた。

おわかさんはいつも味方でいてくれた。僕がマジックへの情熱を絶やさなかったのも、おわかさんがいたからかもしれない。


大人になってから、マジックを仕事にしてからは、おわかさんの前でマジックを見せたことはなかった。

しかし先日の姉の結婚式で、ようやく披露することができた。おわかさんは「上手になったね」と褒めてくれた。

やっぱりおわかさんはいつも優しいなあ。

本当に本当にありがとう。




▼おわかさんとの思い出話

MAGICIAN MOYASHI-KUN

マジシャン♠もやしくん 北海道札幌市を拠点に活動中のマジシャン. ハイパーモヤシクリエイター.

TwitterInstagramfacebook、ぜひフォローしてください^^

0コメント

  • 1000 / 1000